第4話 ある男の話。

活動日記

【男の中の男、その名は◯イ◯◯◯ン】

朝コーヒーをゆっくり飲みながらテレビを観ていたら、

彼は映っていた。

僕はコーヒーをすすった状態で、
彼の姿に魅力された。

何度も何度も負けても、
また立ち上がり果敢に向かっていく。

しかも必ず、同じやり方では勝負をしない。

やり方を変え、あの手この手で勝負を挑む。

そんな彼も、好きな女性に対しては不器用だけど、

ほんとに一途。

彼女の為なら、たとえ自分を盾にしてでも守り、

彼女が泣こうなら、一緒に泣いてやり、

わがままを言おうものなら、

そのわがままを何とか叶えようと必死に努力する。

でも、彼女は他のカッコいい男性が好きなんです。

それは分かってるんだよ。

悔しい気持ちはあるけれど、

そっと側で、その事にはあまり触れず。

支え続ける。

そんな彼にアドバイスをするならば、

・役割分担

・適材適所

・長所進展

これを意識した方がうまくいくよ。

自分で全部をしようとするな。

それができるようになれば、

あのヒーローにも必ず勝てるはず!



そう、その素晴らしいダイヤの原石の名は

『バイキンマン』


Twitterフォローしてね(^ ^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました